【SM版】色違いポケモンをつくる『色固定孵化』のやり方

2017年6月16日

色固定孵化 サンムーン

色違いのポケモンを作って、コレクションしているポケモントレーナーも多いですよね。

とくに最新作「ポケットモンスターサン&ムーン」は発売前から、過去作に引けを取らない盛り上がりをみせていたので、サン&ムーンから本格的にプレイを始めた人もいらっしゃるでしょう。レートなどのバトルはせずに、色違いポケモンを作って遊ぶトレーナーも多いですよね。

実際に、わたしもバトルよりは色違いポケモンのたまごを作ってコレクションするほうが、楽しくてついつい没頭してしまいます。今回の記事では、サンムーンで色違いポケモンを効率よく作る、「色固定孵化」のやり方を紹介。

乱数調整に挑戦したけど難しくて出来なかった人、初めて色違いポケモンを作る人も簡単に行える「色固定孵化」。やり方をサクっと覚えて好きなポケモンの色違いを出しちゃいましょう♪

サンムーン「色固定孵化」のやり方

「色固定孵化」(いろこていふか)の具体的なやり方の前に、色固定孵化に使うポケモンを紹介。以下のポケモンを準備して色固定孵化に挑戦してね。

  • 国産コイキング・外国産コイキング(国際孵化)
  • 色違いにしたいポケモン(※)
  • 外国産メタモン

1.コイキングオス・メスで、色違いコイキングが出るまで国際孵化

2.色違いコイキングが出現したら、前回セーブ後から何個目の卵が色違いだったかを数える

3.一旦ゲームをリセットし、色違いコイキングが出た1つ前までコイキングオス・メスで卵孵化

4.色違いが欲しいポケモンと海外産メタモンで卵孵化(※)→色違いポケモン完成

※オス・メスがいるポケモンは、次のたまごを受け取る。性別不明・オスのみ・メスのみのポケモンの場合は、1個分受取拒否し次の卵を受け取る

色固定孵化は、「前回セーブしてから何個目の卵」かがポイントになるので、国際孵化は1BOX単位など数えやすい単位でこまめなセーブがおすすめ。自分は数えるのが面倒なので5個ずつセーブしていますが、お好きな個数どうぞ。




色固定孵化に使うコイキングは、オス・メス両方必要です。色違いポケモン出現確率がアップする国際孵化を、コイキングで行います。国際孵化なので、オスとメスが別国籍になるようにします。性格は不問。手順ではわかりやすく「国産コイキング&外国産コイキング」と書きましたが、国産でなくとも「イタリアとアメリカ」など国籍が別々であればOK

※色固定孵化でコイキングを使う理由は、どのポケモンよりも一番短い歩数でたまごを孵化できるからです。色違い孵化は、1000個2000個のたまごを割るのは当たり前の世界です。孵化個数に違いがなくとも、1匹あたりのたまご孵化時間が短いほうが、時間的にはやく色違いポケモンを出せます。

※海外産のコイキングは、ミラクル交換などでも入手できます。お友達やフレンドとの交換だけでなく、ミラクル交換やGTSも利用してみましょう

色違いにしたいポケモン(国産)とメタモン(外国産)を用意します。コイキング同様、国際孵化を行います。色違いにしたいポケモンまたはメタモンは海外産を用意します。以下補足

色違いにしたいポケモンが性別のあるポケモンの場合……オス・メス用意できる場合はメタモン不要です。ただし色違いにしたいポケモンのオス・メスどちらかが別国籍の必要があります。(国際孵化)

海外産メタモンが一匹いれば、色違いにしたいポケモンは日本産がいれば色固定孵化を行えるのでとても便利です。

[ad#copoke]

スポンサーリンク