新潟「こしいぶき」新米が届いた!お米の保存方法と美味しく食べるこつを少々。

2018年7月27日

クロネコヤマトさん経由でロハコ到着

ロハコ

前日の夕方に注文していた新米!

新潟県産「こしいぶき」というお米が気に入っていて、1年くらいずっと通販で購入しています。

新潟こしいぶき

私の地元も米どころなのだけど、今は「こしいぶき」がとても美味しく感じてます。地元のお米も買って応援したいのだけどねぇ。今だけごめんね。

こしいぶきは、お米が甘くてサラっとした感じがクセになるおいしさ。

地元のスーパーではこしいぶきの取り扱いがないので買えないし、お米は重いのでいつもロハコでネット通販しています。

ロハコ、便利便利。

>>LOHACO公式サイト



お米の保存に便利なジッパー付き保存袋

お米の保存はいつも冷蔵庫です。

冷蔵庫に野菜庫がある人は、温度的に野菜庫のほうが良いみたいです。

ジッパーの付いた保存袋(ジップロック?フリーザーバッグ?)にお米をうつして、しっかりと空気を抜きながらジッパーを閉じて密閉。

空気に触れる面を少なくしておくと、お米表面の酸化をすこしは遅くできておいしいお米を保存できるのでおすすめ。

お米の保存は、わたしも愛用中の「業務用フリーザーバッグ マチ付き」がおすめ。マチありフリーザーバッグは量をたっぷり保存できて便利!業務用なのでスーパーで買うより値段が安いです。

調湿剤もお米と一緒に入れています。

私が使っているのはこれ↓

パキパキ折って、袋にポイ!で食品の湿気調整が簡単にできます。食品に触れても安全。何度も繰り返し使えてエコ^^

ちなみに、5キロのお米ならMサイズの保存袋2袋半くらい。保存袋はマチ付きのほうがたくさん、お米が入ります。

匂いうつりが気になる人はガラス瓶での保存が良いかも。酸化を防ぐためにしっかり密閉できる瓶が良いよね。

お米は精米したてがやっぱり美味しい

お米は精米したてが、やっぱり一番美味しいです。

玄米なら炊く直前に、炊く分だけ精米(玄米食のほうが多いのかな?私は白米に大麦混ぜてる)

精白米を炊く場合も家庭用精米機で「米磨き」「みがき」をして、酸化した表面を磨き落とすだけでお米本来のおいしさが楽しめます。

お店で買った精米されているお米(精白米)も空気に触れると、お米の表面がどんどん酸化して味が落ちます。

精米機がない場合は、出来る限り空気に触れない方法で保存したほうが最後まで美味しく食べられます。

おいしいお米を食べられる日本。幸せ幸せ。

LOHACOから直接買いたい場合はこちら。Tポイントを貯めたり使いたい人はLOHACOから直買いが便利です。

>>LOHACO「こしいぶき」一覧

スポンサーリンク