アイスコーヒーが氷で薄まらない「氷コーヒー」を家でつくる方法まとめ

アイスコーヒーが氷で薄まらない方法

アイスコーヒーが好きで、寝起き・仕事中・食後など頻繁に飲んでいます。氷を入れるとアイスコーヒーがだんだん水っぽくなってしまい、コーヒーの香りと味も薄れてしまいます。アイスコーヒーを最後まで、より美味しく楽しむための、アイスコーヒーが氷で薄まらない「氷コーヒー」を家でつくる方法をまとめ。

氷コーヒーを自作

好きなコーヒーを冷ましてから製氷皿に注ぎ、冷凍庫で凍らせるだけで、簡単に、氷コーヒーを自作できます。コーヒーで作った氷なので、溶けてもコーヒーの味・香りが薄まることなく最後までおいしいアイスコーヒーを飲むことができます。

氷コーヒーを作る手順は、以下よりいろいろご紹介します。



インスタントコーヒーで氷コーヒーを自作

製氷皿に水をいれ、水量を確認してから沸かし、マグカップにインスタントコーヒー3杯+お湯(+砂糖)を注いで冷ます。冷めたコーヒーを製氷皿に入れて、冷凍庫で凍らせて氷コーヒーを作る。

おうちカフェシリーズ♪氷コーヒー
おうちカフェシリーズ♪氷コーヒー

料理名:氷コーヒー
作者:かっぽリン

■材料(2人分)
インスタントコーヒー / 小さじ3
お湯 / 150ml
牛乳 / コップ2杯 
ガムシロップ / お好みで 

■レシピを考えた人のコメント
今はいろんなタイプの型が出まわってますよね。ぜひお気に入りの型で作ってみてくださいね♪
コーヒーは濃い目が良いようです。

詳細を楽天レシピで見る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
↓↓ ポイントが貯まるレシピ サイト ↓↓
>>最短約 30 秒!▼無料▼会員登録<<
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…

氷コーヒーの飲み方は、グラスに氷コーヒーを入れて、冷たい牛乳を注ぎ、お好みでガムシロップを溶かして飲む。ミルクたっぷりカフェオレっぽい感じになります。

わたしは牛乳ではなく、アイスコーヒーを作り、氷コーヒー・コーヒーミルクを入れて飲むのが好きです。アイスコーヒーに、自作の氷コーヒーを入れると、アイスコーヒーが氷で薄まらず最後までアイスコーヒーが美味しい!

ドリップコーヒーで氷コーヒーを自作

インスタントコーヒーで氷コーヒーを自作と同じ要領で、豆から淹れたドリップコーヒーを使った、氷コーヒーを自作することができます。

ドリップコーヒーを淹れ、冷めたら、製氷皿に入れて冷凍庫で凍らせ、氷コーヒー完成。

氷が溶けても、薄くならない アイスコーヒー
氷が溶けても、薄くならない アイスコーヒー

料理名:氷が溶けても、薄くならない アイスコーヒー
作者:1232204

■材料(3人分)
アイスコーヒー粉 ドリップ用 / 33g
ガムシロップ ★★甘いのが好きな方★★ / 1~3個

■レシピを考えた人のコメント
アイスコーヒーで氷を作るので、時間がたっても薄くならず美味しく飲めます

詳細を楽天レシピで見る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
↓↓ ポイントが貯まるレシピ サイト ↓↓
>>最短約 30 秒!▼無料▼会員登録<<
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…

ボトルコーヒーで氷コーヒーを自作

氷コーヒーを作るときに、市販のボトルコーヒーを製氷皿に注ぎ、凍らせるのが一番簡単。わたしはアイスコーヒーを飲む量が多いので、ボトルコーヒーで氷コーヒーを作るのは少し不経済かなと感じます。

忙しい時なら、ボトルコーヒーを使ってサッサと氷コーヒーを作るのはありですね

***氷コーヒーでゆっくりお茶しましょ***。
***氷コーヒーでゆっくりお茶しましょ***。

料理名:氷コーヒー。
作者:ハル haru

■材料(1人分)
ブラック無糖コーヒーを凍らせたもの / 3個
牛乳 / 180ml
シュガーシロップ / お好みで

■レシピを考えた人のコメント
アイスコーヒーと違って氷が解けても薄まらないので、ゆっくりカフェ時間を楽しめます。

詳細を楽天レシピで見る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
↓↓ ポイントが貯まるレシピ サイト ↓↓
>>最短約 30 秒!▼無料▼会員登録<<
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…



氷の大きさにも注目!

氷コーヒーを自作する場合、氷の大きさによって、溶けるスピードが変わります。

作った氷コーヒーを牛乳に入れてカフェオレで飲みたいときは、氷コーヒーが早く溶けやすいように、一粒一粒が小さい氷コーヒーがおすすめ。粒の大きさが違う製氷皿は、ダイソーやキャンドウなどの、100円ショップでも購入できますよ。

アイスコーヒーを凍らせると、製氷皿からとりだしにくいので、シリコン製の製氷皿がよりおすすめです。こちらは蓋付きのシリコン製氷皿。蓋付きの製氷皿は、冷凍庫内で重ね置きができ、氷コーヒーのストックをたくさん作れるから便利

アイスコーヒーに氷コーヒーを浮かべて、ゆっくり飲みたい場合には、氷コーヒーが溶けるスピードが遅めになるように、一粒一粒が大きめの製氷皿がおすすめです。

小さい氷の製氷皿でもお伝えしましたが、プラスチックの製氷皿は、完成した氷コーヒーを取り出しにくいです。蓋付きのシリコン製氷皿がおすすめです。冷凍庫内にスタッキングできるので、氷コーヒーのストックも楽々つくることができます。

氷コーヒーのおすすめ保存方法

出来上がった氷コーヒーは、フリーザーバッグに入れ、冷凍庫で保存するのがおすすめです。

氷コーヒー同士がくっついたら、フリーザーバッグの上から揉むと簡単にバラバラになりますよ。

おすすめのフリーザーバッグは、安くて枚数がたっぷり入っている業務用フリーザーバッグマチ付きM(50枚入)です。

氷コーヒーを作るのが面倒くさい

氷コーヒーを毎回、作るのは面倒くさい・・・・けれど、アイスコーヒーが氷で薄まるのはイヤ!というあなたは、溶けない氷をどうぞ

スポンサーリンク