Dropboxからダウンロードしたフォルダが「無効です」エラーで解凍できない・開けない時の対処法

2018年5月17日

dropbox ダウンロード 解凍できない 無効です

同期型オンラインストレージDropbox(ドロップボックス)に保存していたファイルをダウンロードし、解凍すると「フォルダーを開くことができでません。圧縮(zip形式)フォルダー(フォルダ名).zipは無効です。」とのエラー表示。

「フォルダーを開くことができでません。圧縮(zip形式)フォルダー(フォルダ名).zipは無効です。」エラーが出たときの対処法を、記事にまとめました。

エラーがでたときの状況

エラーがでたときの条件を記載しておきます。

dropbox ダウンロード 解凍できない 無効です

ドロップボックスは、インストール版ではなく、ブラウザ版のみ利用時に、ファイルを解凍しようとしたら「フォルダーを開くことができでません。圧縮(zip形式)フォルダー(フォルダ名).zipは無効です。」のエラーがでた。

インストール版使用時は、エラー表示なく、正常に解凍・展開ができた。

※Dropboxのインストール版を使用しているとPCが異常に重くなるため削除し、ブラウザ版のみに切り替えた。

ダウンロードしたフォルダ数は、1つだけの時も複数ダウンロードした時もどちらもエラーがでる

利用PCはWindows

Dropbox「zipは無効です」対処法

Dropboxブラウザ版を利用し、任意フォルダー選択→ダウンロード→解凍(展開)→「フォルダーを開くことができでません。圧縮(zip形式)フォルダー(フォルダ名).zipは無効です。」エラーの対処法は、無料のフリーソフト「7-Zip」を使用し、Dropboxからダウンロードしたフォルダーを解凍(展開)することで簡単に対処することができます。

→無料のフリーソフト「7-Zip」公式サイト

Dropboxダウンロードしたフォルダを解凍しよう

7-Zipをダウンロードし、パソコンにインストールしたら、さっそく、Dropboxからダウンロードしたフォルダーを解凍しよう。

この時の、7-Zipの使い方は、至って簡単。

解凍したいフォルダーの上で「右クリック」→「7Zip」→「展開」を選択。

dropbox ダウンロード 解凍できない 無効です

上記の表示で「OK」をクリックし、解凍できるのを待てばOK。

7-Zipは、インストール時も利用時も、面倒な設定不要。デフォルト設定のまま使用できるので、PC初心者でも気軽に使える圧縮・解凍ソフトだ。

それにしても、Dropbox……クライアントとのファイルのやり取りに指定され、仕方なく使用している状態ですが、やはりなにかと使いにくいですわ

スポンサーリンク