救世主現る!黒髪を茶髪に染めることができる、お気に入りの市販の白髪染め

2017年6月16日

目次はこちら

前髪、こめかみ、モミアゲまわりの白髪が・・・・

アラサーを過ぎると、日々気になる白髪。

わたしの場合は2ヶ月に一度のペースで美容院にて白髪染めをするけれど、美容院に行くまでの間、生え際の白髪が気になることがあります。

特に前髪とこめかみ~モミアゲ近辺の白髪が、染めてもらった1ヶ月後にはもう気になる状態です。

市販の白髪染めは、たくさんの種類が販売されています。でも染め上がりに不満爆発の女性は、正直多いと思います。

白髪染めの多くは、白髪は染まるけど、白髪ではない黒髪がなぜか黒々してしまい、髪の毛全体が重苦しい印象になってしまう点。

黒髪部分はブラウン系に染めたくて調べたのですが、報酬目当ての煽りエイターによる高額な白髪染めしか紹介されていませんでした。(まじで勘弁してくれ)

ちなみにyahoo知恵袋などで調べたら「特に白髪の割合よりも黒髪の割合が多い場合」に、白髪染めを使うと黒髪がより黒くなってしまう傾向があるようです。

↑自分にも当てはまっていたので少し納得。白髪が多いときは白髪染めで、好みの色に染め上がるそうです。

でも黒髪が多く、白髪の割合が黒髪に比べ少ない人は、カラー見本通りの仕上がりにはならない事が多いそうです。(黒髪と白髪ではカラーの入り方が異なり、同じ色には染まらないようです…ショック)

だから明るめの白髪染めを買って使っても、白髪が染まらないばかりか黒髪も明るめにはならず、仕上がりが本当にダメダメ

(正確には染まっているけど、白髪部分だけが金髪のようになり、キラキラ目立つ状態)




こんな感じで、市販の白髪染めで好みに近いヘアカラーに染めることができず、悩んでいる女性、意外に多いと思うんだけどどうなんだろ。

少なくとも自分は、悩むというか市販の白髪染めに不満は多かったです。

ただえさえ、髪のボリュームが多めで広がりやすい髪質なので、黒髪のブラックに磨きがかかると、重苦しい以外の印象はありませんから。

でも「ブラック」の白髪染めじゃないと、キチンと白髪が染まらないんですよね。

世の中うまくいかないなー

白髪はキチンと隠して髪全体をブラウンに!が希望

自分の希望の染め上がりは「白髪がしっかり染まる(隠れる)、かつ、軽い印象になるように黒髪を少し明るめの茶髪(ブラウン系)にしたい」

スーパーやドラッグストア、お値段高めの通販品も含め、いくつかの白髪染めを試しました。

その結果、白髪をしっかり染め、黒髪は好みの明るさに染めることができた白髪染めは「花王のブローネシャイニング」シリーズ。

個人的にとても気に入っていて、美容院に行くまでの補助に毎回つかっています。

白髪・黒髪ともに染め上がりに大満足。

全体的に白髪染めしたい場合には、ムラなく染めるのが簡単な「泡カラー」。

ボトルをプッシュすると泡状の染料が出てきます。

比較的、泡がしっかりしているから、垂れにくくて、長めの髪でも生え際はもちろん、自分では見えない後頭部もふくめ髪全体を染めるのに便利。

生え際など、染めたい箇所が部分的な場合には「ブローネ シャイニングヘアカラークリーム」を使用。

2剤を混ぜてクリーム状にした染料を、ブラシで塗って使用するタイプです。

クリームだから、垂れにくい生え際でもしっかり密着。

いつも厚めに塗ることもあり、染め上がりに満足しています。

余った分はしっかりキャップを締めておけば、次回も使えるので経済的で嬉しい。

ブラシなども丁寧に洗って乾燥させて保存しておきましょう。

ちなみに「ブローネ シャイニングヘアカラークリーム」で全体染めを最近しています。

泡カラーより少々手間ですが、たしか、以前はブローネシャイニングの泡状のがあって、そちらを使っていた記憶があります。

いつの間にか販売が終わったのか、それとも泡カラーのことをブローネシャイニングの泡と勘違いしていたのか・・・

真相は定かではありませんが、1番のお気に入りは「ブローネシャイニング」です。

2016年12月29日【追記】 見つけました!全体染めで使っていたのは、「ブローネシャイニングコームジェル」でした!垂れにくいジェル状で本当に簡単にキレイに染め上がります。黒髪と白髪が同じようにブラウンに染まるのでオススメです

面倒な時は泡カラーをつかって全体染めしています。泡カラーはほんと全体染めが簡単です。

でも染め上がりは、ブローネシャイニングのが好きです。

泡カラー、ブローネ シャイニングともに、ピンク系は、仕上がりがあんまり好きではないです。

好みと髪質の問題も大きいでしょうが、白髪が浮く感じの仕上がりになりました。

ピンク系は一回使って辞めました。

花王 泡カラーのカラーバリエーション

花王「泡カラー」カラーバリエーション
ブローネ泡カラーカラーバリエーション

泡カラーの場合には「2 より明るいライトブラウン」を買って使う事が多いです。でも全体染めは基本美容院なので、使う回数は年に1~2回ほどかも。

泡カラーは一回使い切りのタイプです。全体染めが簡単に行えますが、白髪が気になる顔周りの生え際は、厚い泡をしっかり密着させるとよりきれいに染め上がりオススメです。

ブローネシャイニングカラーバリエーション

花王 ブローネシャイニングカラーバリエーション
ブローネシャイニングカラーバリエーション

白髪も黒髪もしっかりいい感じに染まって超お気に入りの「ブローネシャイニング」のカラーは毎回、 1CPシャンパンブラウンを使っています。

クリームタイプなので泡カラーに比べると少々面倒くさいですが、仕上がりの色味が本当に気に入っています。

泡カラー同様、白髪が気になる生え際などのフェイスまわりは、クリームを厚めに塗って放置がおすすめ。

クリームなので垂れにくいですが説明書にもあるように、おでこや耳まわりには保護クリームは事前に塗りましょうね。

まとめ

全体染め用の一番のおすすめ「ブローネシャイニングカラー(コームジェル)1CPブラシで梳かすようにして染めていくので、簡単にキレイに染まります。黒髪も白髪も、好きなように染まります!

部分染め用のおすすめ「ブローネシャイニングカラー(クリーム)1CP伸びてきた部分や生え際の部分染めはクリームで。残った分は次に使えて経済的♪

◆ブローネシャイニングカラーのジェル・クリームいずれも無い場合の応急処置用全体染めは「ブローネ泡カラーを使っています。他の白髪染りより、黒髪と白髪の境目がわかりにくく染まる(シャイニングカラーほどではないのであくまでも緊急時用)

あとがき

白髪があるとそれだけで見た目が老けて見えちゃいますから、白髪染め問題はほんと重要ですよね。いつも美容院に行けるわけではないので、市販の白髪染めで済ませたいシーンも多いです。

あ、文中に書き忘れてしまいましたが、ブローネ泡カラーもブローネシャイニングも、ツルハやマツキヨなどのドラッグストアで買えることが多いです。近所のイオンなどの大型スーパーでは泡カラーは買えましたが、ブローネシャイニングの取扱はなかったです。地域や店舗毎に、買える買えないが異なると思いますが。

実店舗で買えない場合には、ネット通販で買えます。頻繁に染める人はまとめ買いも◎(ネット通販は価格比較もできてより便利ですよね)

スポンサーリンク