「ピーマンの塩昆布和え」レシピ。つまみ、弁当のおかずにもなる簡単副菜

ピーマン 塩昆布

鉄鍋・IH(100V)で作る「ピーマンの塩昆布和え」(1人分)レシピ・作り方です。ピーマンと塩昆布を使った、栄養満点ピーマンの塩昆布和え。食材を切って炒めて和えるだけ!一品足りない時や酒のおつまみはもちろん、冷めても美味しいのでお弁当のおかずにもぴったりの簡単レシピです。

材料

ピーマン 塩昆布

食材・分量1人分(目安です。食材の量は、お好みで調整して下さい)

  • ピーマン2個
  • 塩昆布お好み
  • ごま油(オリーブオイルも可)小さじ1
南部鉄器Oigenニューラウンド万能鍋の蓋で調理をしています。お急ぎの場合はフライパンや小鍋でも調理可能ですが、ピーマンの旨味がグンとアップするので出来れば、スキレット等の鉄鍋での調理がおすすめです


下ごしらえ

1.ピーマンは種を取り除き、一口大の乱切り

作り方

1.ごま油小さじ1を鉄鍋にひき、中火で30秒ほど加熱

2.外皮を下にしてピーマンを中火で1分程度焼く。焼き目が強いのが好きな人は長めに焼いてください

ピーマン 塩昆布

3.ピーマンを裏返し、中火の弱火で3~5分じっくり焼く。ピーマンのパリパリとした食感を残したい場合は時間を短くしてください

ピーマン 塩昆布

4.ピーマンが好みの硬さになったら、塩昆布を加え和える。器に盛り付け完成

アレンジ

ピーマンのほか、ナスやひき肉(または細切り肉・鶏皮もオススメ)を追加しても美味しく仕上がります。塩昆布は優しい味なので、物足りない場合には、塩またはしょう油で調整も。

味チェンジしたい時は塩昆布の代わりに、かつおぶしを和えても美味しく仕上がります。

簡単に作れる副菜なので、外食で不足しがちな栄養素を補う意味でも、いろいろな野菜で手軽にどうぞ。箸休めにもなる小鉢料理のほか、冷めても美味しいのでお弁当のおかずやお酒のおつまみにも合います

おすすめ記事:

スポンサーリンク